一般歯科

虫歯は自然治癒しない病気 できるだけ歯質を残せる治療を

虫歯になっていることに気付きながらも、ついつい治療せずに放置してしまうことはありませんか? 虫歯は自然治癒しない病気。放置すればするほど治療も困難になり、手遅れになれば大切な歯を失ってしまうこともあります。虫歯は早期発見・早期治療が、歯の寿命を縮めないカギとなるのです。

虫歯はこのように進行します

段階 症状

虫歯の兆候

虫歯の兆候(C0)

(C0)

歯の表面のエナメル質が溶けはじめて虫歯の兆候が見られるが、痛みなどの自覚症状はほとんどない。

歯の表面の虫歯

歯の表面の虫歯(C1)

(C1)

エナメル質の溶けたところが白濁している状態。まだ痛みなどの自覚症状はほとんどない。

歯の内部の虫歯

歯の内部の虫歯(C2)

(C2)

エナメル質の下層にある象牙質にまで虫歯が到達し、冷たいものや甘いものがしみたり痛んだりする。

歯の神経に達した虫歯

歯の神経に達した虫歯(C3)

(C3)

虫歯が神経に到達するため、噛んだときに激しく痛む。また、何もしなくても痛むことがある。

歯の根にまで進行した虫歯

歯の根にまで進行した虫歯(C4)

(C4)

神経が壊死しているため一度痛みはなくなるが、しばらくすると膿がたまり、再び強く痛む。

痛みを極力抑えた治療

麻酔をする際、針を刺すときに恐怖を感じる、痛みが苦手という方は多いもの。津田沼スマイル歯科クリニックではシリジェットや電動麻酔器を使用した麻酔法を採用し、患者様への負担を極力抑えた治療を行っています。

シリジェット 針を使わずに麻酔ができる注射器です。歯肉に当てて圧力をかけるだけで歯肉の深さ1cmのところに麻酔液を浸透させることができます。痛みがないばかりか、少量の麻酔液で済むというメリットも。小さなお子様やお年寄りの方でも安心して受けられます。
電動麻酔器 麻酔液の注入量がコンピュータ制御できる麻酔器です。極細の針を使用し、ゆっくりと一定の圧力で麻酔液を注入できるため、従来の手動式の麻酔器に比べても痛みが格段に軽減されます。高い麻酔効果が得られることもメリットです。
  • ページの先頭へ戻る

歯周病は静かに進行する病気 歯を失う前に適切な処置を

虫歯以外の病気の代表といえば、「歯周病」。歯そのものが侵される虫歯と違い、歯周病は歯ぐきや顎の骨といった歯周組織が破壊される病気です。歯周病は初期段階での自覚症状に乏しく、病状が進行しないと自覚症状があらわれにくいため、手遅れになって歯を失うケースも少なくありません。さらに恐ろしいことに、歯周病による悪影響は口の中だけにとどまらず、菌が血液を通じて全身をめぐることで糖尿病や肺炎、心臓病、低体重児出産など、全身疾患を引き起こすといった可能性もあります。

歯周病は成人の約8割がなっているか、その予備軍といわれるほど感染者の多い病気。初期段階での自覚症状の乏しさから、歯周病になっていることに気付かない場合もありますので注意しましょう。

歯周病はこのように進行します

段階 症状
歯肉炎

歯肉炎

歯と歯ぐきの間の溝「歯周ポケット」にたまったプラークが固まって歯石となり、歯ぐきに炎症が起きる。歯ぐきが赤く腫れてぷっくりと丸みを帯び、ブラッシングの際に出血しやすい状態になる。この段階では自覚症状がないことが多いのが特徴。歯周炎に発展するケースが多い。  

歯周炎初期

歯周炎初期

歯ぐきの炎症の度合いは歯肉炎に近いが、歯周ポケットがより深くなる。この時点においてもまだ歯周病という自覚はない。

歯周炎中期

歯周炎中期

歯周ポケットが4~5mmと深くなり、顎の骨が溶けはじめる。歯ぐきの腫れや赤みがひどくなる。この段階から、歯周病を自覚する場合が多い。

歯周炎重度

歯周炎重度

歯周ポケットの深さは5mm以上。見た目にも症状があらわれる段階。歯ぐきが下がり、ブヨブヨとした感触になり、歯が長くなったような感じがする。顎の骨がどんどん溶けていくため、歯がグラついてくる。ブラッシング時は出血だけでなく膿が出る場合もあり、悪臭を放つ。

歯周炎末期

歯周炎末期

歯ぐきが赤紫色に腫れあがり、出血や排膿がひどくなる。顎の骨は半分以上溶け、歯根が露出して歯がグラグラ揺れるようになる。最悪の場合、歯が抜け落ちる。

歯周病治療

スケーリング・ルートプレーニング

スケーラーという器具を使って歯の根元にこびり付いたプラークや歯石を除去します(スケーリング)。その後、スケーリングで取り切れなかった歯の表面の歯石やさらに歯周ポケットの深いところにあるプラークや歯石を除去(ルートプレーニング)。歯の表面がツルツルに仕上がるため、細菌や汚れの再付着の防止にも役立ちます。

フラップ手術

フラップ手術

重度の歯周病になると、スケーリング・ルートプレーニングだけでは歯石を取り除くことができません。この場合には歯肉を切開し、歯根を露出させたうえで歯石や感染した歯周組織を取り除く「フラップ手術」を行います。

【虫歯や歯周病で大切なのは「予防」】

【虫歯や歯周病で大切なのは「予防」】

虫歯や歯周病になったら、治療すればいい――そうお考えの方は少なくないでしょう。たしかに歯の病気は治療をすれば機能を回復できます。しかし、治療をするということは、治療費もかかる、時間もかかる、不安や痛みなどの精神的苦痛も味わうことになるのです。また、虫歯治療で削った歯は二度と再生しません。それどころか、ダメージをくり返すことにより、寿命が短くなってしまうのです。

それよりも、予防に取り組み、はじめから虫歯や歯周病にならないようにすることのほうが大切だと思いませんか? 「予防なら歯磨きしているから大丈夫」そう思っていても、歯の病気になってしまう方は少なくありません。どんなにきちんとブラッシングしているつもりでも、実は磨き残しはあるものなのです。プロによるメインテナンスも重要。毎日のセルフケアにプラスして、歯科医院で予防処置を受け、大切な歯を守りましょう。

  • ページの先頭へ戻る