インプラント

まるで自分の歯のような感覚「インプラント」

虫歯や歯周病が重症化して歯を失ったり、事故で歯を失ったり……人は思いがけず歯を失うことがあります。1本でも歯を失うと、見た目が悪くなるばかりではなく、満足に噛めない、発音がうまくできないなど、日常生活にも支障が出てきます。

また、お口のバランスが崩れるとともに、身体のバランスも崩れて頭痛や肩こりに発展したり、失った歯の両隣の歯が傾いてきて歯並びが乱れたりするなど、さまざまなトラブルを招きます。歯を失ったら、一日も早く歯を補う治療を受ける必要があるのです。

失った歯を取り戻すおすすめの手段「インプラント」

以前からある歯を補う治療として、「入れ歯」や「ブリッジ」があります。ただ、それらは本来の噛む力をあまり発揮できなかったり、残っている歯に負担をかけたり、長期的に使用することで顎が痩せてきたりといったデメリットがあります。

そこでおすすめなのが「インプラント」。インプラントとは、失った歯の部分の顎の骨にドリルで穴をあけ、そこにチタン製の人工歯根を埋め込んで、その上からセラミック製の人工歯を取り付けることで歯の見た目と噛む機能を取り戻す治療法です。

人工歯根に使われるチタンは金属ですが、金属アレルギーの心配がない安全性の高い素材です。生体と結合する性質があり、硬いものでもずれることなく思いきり噛めます。また、セラミックは本物の歯のような美しい歯を再現できる素材。人工歯に使用することで自然な見た目が実現します。手術をともなう、やや大がかりな治療ですが、見た目も噛み心地も自分の歯のような感覚を取り戻せるのです。

インプラントのメリット

見た目が美しい

固定するためのバネなどはなく、見た目が自然です。人工歯はセラミックでできているため、美しい仕上がりを実現します。

口の中で違和感がない

口の中で違和感がない

人工歯根が顎の骨としっかり結合するため、ずれたり外れたりすることはありません。口の中で異物感や違和感がなく、会話も食事もスムーズにできます。

しっかりと噛むことができる

しっかりと噛むことができる

人工歯根は顎の骨としっかり結合します。そのため硬いものでもしっかりと噛めます。顎の骨に噛む力が伝わるため、顎が痩せやすいといった心配もありません。

残っている歯にダメージを与えない

ブリッジのように残っている健康な歯をわざわざ削る必要がありません。また、入れ歯のようにバネをひっかけるなど残っている歯や歯周組織に負担をかけません。残った歯の寿命を縮めることがないのです。

津田沼スマイル歯科クリニックのインプラント治療

サージカルガイドの活用

インプラント治療は顎の骨に穴をあけるドリリングの作業をともなうなど、精密さが要求される高度な治療。そこで使用する器具の一つが「サージカルガイド」。ドリルがぶれることなく正確な位置や角度に導き、計画通りにドリリングできるガイドです。

CTスキャン

インプラント治療を成功させるためには、正確な診断が必要。顎の骨の状態や、血管や神経の位置など、レントゲン写真だけでは得ることのできない情報を得られるのがCTスキャンです。当院では必要に応じ、専門機関でCTスキャンを行っています。

抜歯即時インプラント

従来のインプラント治療では、抜歯をしてから人工歯根を埋入する場合、数ヶ月の治癒期間が必要でした。その期間を待たずにできるのが「抜歯即時インプラント」です。歯を抜いたその日に人工歯根を埋入でき、いち早くインプラトを機能させることができます。

ソケットリフト

術前

術中

術後

顎の骨が十分なければ、物理的に人工歯根を埋入できずインプラント治療は成功しません。そこでインプラント治療を可能にするために骨の量を増やす施術が「ソケットリフト」です。顎の骨の奥にある「上顎洞」と呼ばれる空間の底部を特殊な器具でもち上げ、そこへ骨補填剤を注入して不足した骨を補います。

【当院の津田沼スマイル歯科クリニックするスプラインインプラント】

当院の津田沼スマイル歯科クリニックするスプラインインプラント

当院では、おもにスプラインインプラントを採用しています。このインプラントシステムの特長は、従来よくあったインプラントの欠点である、接続部品の回転やゆるみがないこと。さらに、インプラントの表面処理として、MP-Iと呼ばれる新しいコーティング処理が施され、身体への負担が少なく、長期的な安定が期待できることです。

世界には実に100社以上のインプラントメーカーが存在し、同じ目的の治療でありながらもさまざまなタイプのインプラントがあります。その中でも厳選したインプラントシステムを採用していますので、どうぞご安心ください。

当院では入れ歯も取り扱っています

当院では患者様とカウンセリングをさせていただいて、インプラントがどうしても難しいという方や、入れ歯を現在お使いの方で引き続き入れ歯を利用したい方のために、入れ歯治療も手掛けています。

レジン床義歯(プラスチック製) 保険適用

レジン床義歯(プラスチック製) 保険適用

歯科用プラスチックで作成された入れ歯です。保険で治療出来ますが、入れ歯自体の性能はあまり良くありません。ただ、ご希望の方には出来得る限り使い心地の良い入れ歯を提供いたします。

マグネットデンチャー  300,000円+税~

マグネットデンチャー 300,000円+税~

磁石の力で固定する入れ歯です。歯の根に磁石を取り付け、入れ歯にも小型の磁石を埋め込みます。小さい磁石ですが強力な磁力によって吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中がガタガタしにくくなります。

金属床義歯

金属を口の中に密着する床の部分に用いた入れ歯の総称です。当院では、

  • ゴールド白金加金500,000円+税~
  • 純チタン合金400,000円+税~
  • 超硬質コバルトクロム合金250,000円+税~

を取り扱っています。それぞれの金属にメリット・デメリットがありますが、患者様の状態に合わせてお勧めさせていただきます。

ノンメタルクスプデンチャー 30,000円+税

ノンメタルクスプデンチャー 30,000円+税

入れ歯を固定するクラスプの部分が従来は、金属が剥き出しのため見た目があまりよくありませんでした。ノンメタルクラスプデンチャーはクラスプのフックの部分を歯の色に合わせて作成する入れ歯です。当院では通常16色、ホワイトニング対応3色対応しています。

ノンクラスプデンチャー 片顎 130,000円+税~  両顎 185,000円+税~

ノンクラスプデンチャー 片顎 130,000円~  両顎 185,000円~

金属を一切使わない部分入れ歯です。高い柔軟性、初期形態へ完璧に復元する弾力性があるので、咀嚼、発音機能は通常通りで安定性も良好です。

  • ページの先頭へ戻る