予防歯科

自分の歯をいつまでも長持ちさせる「予防歯科」

予防歯科とは、歯の病気を早期発見・早期治療したり、予防のための処置を行ったりするための歯科診療。セルフケアだけではカバーしきれない部分を予防歯科でのプロケアで補うことで、歯の病気は回避できるもの。「歯が痛くないのに歯医者に行くの?」と思うかもしれませんが、結果的に患者様にとって金銭的、身体的に負担が少なく済むため、予防しに歯医者に通う、というのはお口の健康維持のためには大変有効です。

予防歯科のメリット

治療の痛みを軽減できる

虫歯や歯周病が悪化するとただでさえ痛むのに、治療時にはさらに痛みをともなうケースもあります。しかし、日頃から定期検診を受けていれば、万が一歯の病気の兆候があってもすぐに適切な処置ができるため、痛みをともなう治療をしなくて済みます。

治療費を抑えられる

歯の病気は重症化すればするほど治療も複雑になり、通院回数が増えます。悪化した病気を治療する場合、当然治療費もかさむことになります。しかし、定期検診を受けていれば早期発見・早期治療が可能になるため、治療費が最小限に抑えられます。

担当衛生士制の採用

津田沼スマイル歯科クリニックでは、患者様一人ひとりに専任の歯科衛生士が担当する「担当衛生士制度」を採り入れています。患者様の担当衛生士がお口の状態をしっかり把握しているため、検診時に口腔内環境の変化があれば、わずかなこともいち早く気が付き、適切な処置が可能になります。

津田沼スマイル歯科クリニックの予防処置

治療を繰り返してダメージを受けた歯は、たとえ治療で噛めるようになっても、その寿命が短くなるといわれています。それよりも、予防処置をしっかり受けて病気にならないことが大切。予防歯科で、いつまでもお口の健康を保つためのメインテナンスを行いましょう。

ブラッシング指導

予防の基本はブラッシング。ご自宅でも効果的に予防していただくため、まず「染め出し」によって歯に付いたプラークを赤く染め、磨き残ししやすい箇所を確認。患者様の口腔内を把握したうえで、適切な力加減や角度を考えた正しいブラッシング方法を指導します。

ブラッシング指導

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には虫歯の抑制効果と、歯の再石灰化を促す作用があります。そのフッ素を歯の表面に直接塗布することで歯質を強化でき、虫歯に強い歯をつくることができます。なお、フッ素の効果は永久的なものではありませんので、定期的な施術がおすすめです。

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略称で、歯科医師や歯科衛生士が専用機器を用いて行う歯のクリーニングのこと。普段のブラッシングでは歯ブラシが行き届かない歯の裏や歯と歯の間、歯と歯ぐきの間などの汚れをすべて除去します。虫歯や歯周病の原因となるプラークを除去できるため、虫歯予防や歯周病の症状の改善も期待できます。

PMTC

【リラックス効果が得られる】
PMTCは痛みや大きな音がともなわない専門の機器を使い、歯に付いたプラークや汚れをすべて除去する施術。施術中の気持ちよさから眠ってしまう方もいらっしゃいます。

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

噛み合わせが悪いと歯列がでこぼこになり、歯ブラシの行き届かない箇所ができます。そうすると、虫歯や歯周病になりやすくなります。また身体のバランスが崩れるため、肩こりや頭痛、顎関節の痛みなど、さまざまな部位に症状があらわれることも。そういったことを予防するため、噛み合わせチェックを行い、適切な処置をご提案しています。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

虫歯や歯周病を引き起こす原因はプラーク。それがわかっているにもかかわらず、予防しきれないのは、ブラッシングなどのセルフケアを含む生活習慣に問題があると考えられます。健康な口腔内環境を維持するために、まずは生活習慣から改善していくことが必要。当院では患者様のライフスタイルに合わせた適切な生活習慣指導を行って、口腔の健康の維持や向上をサポートいたします。

【おすすめします!定期検診】

おすすめします!定期検診

虫歯や歯周病は予防できる病気です。ただ、どんなにセルフケアがしっかりできていても磨き残しはできてしまいます。また、虫歯や歯周病は初期段階での自覚症状が乏しいことから、病気になっても気付かないことが多く、気付いたときにはかなり進行していた……ということも少なくありません。そのため、クリーニングを受けられたり、歯の病気の兆候がないかチェックしてもらえたりできる定期検診はとても大切。

どんなに優れた治療で回復させた歯であっても、自分の歯に勝るものはありません。定期検診を積極的に受診し、虫歯・歯周病知らずの口腔内を維持しましょう。

  • ページの先頭へ戻る